まつげ美容液の体験談「美しい目元のために」

私のまつげは普通の人よりも短く、逆さまつげでもあり、時々目に入って痛かったので、ついつい無意識に抜いてしまっていたため、ところどころスカスカになっていました。

これまで特に気にすることもありませんでしたが、メイクをするようになって、短くバランスの悪い自分のまつげが気になり始めました。

その状態ではマスカラを塗っても綺麗に見えないし、つけまつげを付けられる長さもなく、どんなに目元のメイクを頑張っても見栄えがしませんでした。

そんな悩みを抱えてはいたもののなかなかまつげ美容液に手を出せずにいました。

そんな私がまつげ美容液を使い始めたきっかけは仕事上のプロフィール写真をプロの方に撮影してもらう際、メイクさんにまつげのスカスカ具合を指摘されたことがきっかけです。

同じ女性に指摘されたことが本気でまつげをケアしたいと思うようになりました。

まつげ美容液を使い始めてすぐは効果が感じられませんでした。

お肌のケアのついでに毎晩使っていたのですが、面倒になって止めたくなった時もありました。

しかし、毎日毎日根気よく使い続けるうちに、まつげの間の隙間がなくなってきて、次第にまつげの長さも長くなってきました。一番変化を感じられたのは、やはりメイクをした時です。

今までマスカラを塗っても、アイラインを引いてもアイメイクが決まらなかったのですが、まつげ美容液を使い始めてから、アイメイクが映えて、目力が出てきたように思います。

今までまつげをさほど重要視していなかったのですが、まつげ一つをとってもメイクのレパートリーも変わってきます。

ガーリー系、セクシー系、ナチュラル系など雰囲気を変えることができるパーツの一つなのです。

私自身も、まつげのケアをし始めてから以前よりいろんなメイクに挑戦するようになりました。それに、女性にとってまつげの豊かさは自信の象徴です。

まつげが豊かな女性は見ているだけで優雅で素敵で、女性らしい魅力にあふれています。

きっと、誰もがそんな女性に憧れてメイクをしているでしょう。

そして、みなさんそれぞれが理想とする女性像は異なってくるでしょう。女性がそれぞれ違う表情を持っているように、まつげにもその人独自の特徴があります。

まつげ美容液はその人のまつげを活かしてそれぞれの魅力を引き出してくれるアイテムだと思います。

効果が出るまでに時間が掛かりますが、根気強く使って、魅力的なまつげを手に入れて下さい。

私がまつげ美容液を使用した年齢は26歳で、まつげ美容液を使用した期間は3か月です。

私のおすすめサイトはこちら⇒まつげ美容液ランキング

まつげ美容液の紹介

アイメークをあまり大げさにしたくない、でも目を大きくはっきりとさせたい、スッピンでも自信を持ちたい。
そんな人にまつ育は絶対に欠かすことのできない事だと思います。
ただ、まつ育といっても何も難しいことは無く、いつものマスカラのようにまつ毛に美容液を塗るだけ
まさかそんな簡単な事でまつ育出来るのかと感じるかも知れませんが、本当に塗っているだけで2週間目には目もとがパッチリとして、スッピンの顔の違いに驚きます。
リバイブラッシュを毎晩付けて寝るだけで、まつ毛か強くなり一本一本に太さとハリがでてきます。
まつ毛が強くなることにより抜けにくくなり、まつ毛の本数が減ること無く長く強く伸びることでアイメークをした時のようなパッチリした目もとを手に入れる事ができます。

 

まつ毛用の美容液は最近よく目にしますが、このプレミアムアイラッシュはコストパフォーマンスもよく、日本製と云うことで安心して使える美容液だと思います。
まつ育といってもどんなことをするのか、それはとても簡単な事で、毎晩お肌の手入れと共にプレミアムアイラッシュをマスカラを付けるようにまつ毛に付けるだけなんです。
本当にそれだけで?と感じてしまいますが、本当にそれだけで2週間もすれば、まつ毛が濃くなっていることを実感することができます。
プレミアムアイラッシュに配合されていている各種成分がまつ毛を守り強く抜けにくいまつ毛をそだててくれます。
抜けにくくなるということは、まつ毛の本数が増え
なおかつ成長の途中で抜けることがないので、長く育ちます。
これがまつ育をする最大の利点だと思います。
ノーメークでも怖くない豊かなまつ毛は大きな自信につながります。

 

沢山のまつ毛美容液の中でも最高クラスのお値段です。
同じような効果なのに何がそんなにも他の美容液と違うのか、
リバイタラッシュの原産国はアメリカ合衆国、アメリカ人女性のバッチリと自信に満ちた目元を長年守り続けてきた独自の技術と歴史が詰まった、まつ毛か美容液の元祖ともいえる美容液だからだと思います。
まつ毛を根元から守り育てる成分と共に、リバイタラッシュの独自開発成分ビオペプチンコンプレックスという成分がまつ毛の状態を整え力の無くなったまつ毛のボリュームを改善していきます。
今あるまつ毛を守り育てながら弱ったまつ毛を改善し新しく生えてくるまつ毛と共にボリュームと目元の自信を盛り上げていくことのできる美容液です。
アメリカ人女性のバサバサと音のしそうなまつ毛をノーメークで実現できます。

まつげ美容液の選び方のポイント

長いまつげは女性にとって憧れのものです。つけまつ毛をつける方法もありますが、やはり自分のまつげが長かったり、ふさふさしていたら嬉しいものです。最近ではいろいろなまつげ美容液が出ていて、選ぶのに迷ってしまうことがあります。一体どれを選べばいいのか?それは大きな疑問になっています。

まつげ美容液には大きく分けて2種類あって、生えているまつげそのものにつける美容液と、まつげが生えてくるまぶたのまつげの生え際に塗るタイプのまつげ美容液です。

髪の毛で言ったら、前者がシャンプーの時のトリートメントだとしたら、後者は育毛剤的な存在だと言えます。

まつげ自体に塗るまつげ美容液の中で入手しやすい価格なのがDHCのアイラッシュトニックです。これはマスカラの下地に使うこともできます。今あるまつげを健やかに守るというような働きをします。

まつげの付け根につけるまつげ美容液の代表的なものにはリバイタラッシュがあります。

これはアメリカの眼科医が、ガンでまつげが抜けてしまった妻のためにまつげが生えるようなものを作りたい、という気持ちがあって造られたもので、実際にまつげが長くなります。

1日1回、寝る前に少量をまつげの付け根にアイラインを入れるように塗るだけでいいのです。即効性はありませんが、毎日続けていると確実にまつげが伸びてくるのです。ただ、使うのをやめるとまた元の長さに戻りますから、使い続ける必要があります。

それと似たような働きをするのが、スカルプDから出ているスカルプDピュアフリーアイラッシュです。こちらは長さというよりも、フサフサのまつげに憧れている人向けだと言えます。育毛剤で有名なスカルプDですから、やはりまつげもフサフサにしてくれるのです。

こちらも使い続ける必要があります。2週間ほどで効果を感じるようになります。

他にもTHE MATSUGE BIYOUEKIというものがあって、こちらもまぶたに直接塗ります。

まぶたに直接塗る方がまつげは長く濃くなるようです。

睫毛美容液は?

私の場合 お化粧するにあたりまつげ美容液と言うものは、今では必需品にあります。
朝 お化粧する時だけに限らず、夜寝る前のケアとして毎晩塗る様にしています。
それは、まつげ自体をコシのある丈夫なまつ毛となる上 抜けにくく、かつ今までよりもしっかりしたまつ毛が増えているな と感じているからです。
まつ毛美容液と言うものを知るまでは、毎朝ビューラーで、ハサミ少し乱暴にいつもまつ毛を引っ張って癖付けしている様な状態でした。
こんなやり方では、まつ毛も傷み どんどん減って行くのも当たり前だったわけですね。
ある日から、まつ毛美容液を使う様になってからはやっぱり全然違う事がわかりました。
髪の毛にトリートメントを付ける様に、まつ毛にも付けてあげるべきでした。
今では、いっさいビューラーは使用しません、化粧仕上がりの目元の印象すら良くなったくらいです。
夜も化粧前も、マスカラを塗る要領で上にクルンとカールが出来る様に上下に付けます、朝は、マスカラを塗る前に美容液をつけ他の事をしている内に乾かす様にしておきます。
化粧ラスト 乾いたら、マスカラをしっかり付けてバッチリです。

まつげ用の美容液を選ぶポイント

マスカラやビューラーの使い過ぎやエクステンションのし過ぎで、最近まつげが薄くなっているのが気になる人におすすめなのがまつげ美容液ですが、種類が多すぎてどれを選んでいいか分からない人も多いと思います。そんな人におすすめのまつげ美容液を選ぶ時のポイントを紹介します。

まずそのまつげ美容液が本当に効果があるか見ることがポイントの一つですが、まつげは短期間で伸びず三ヵ月~半年使い続けることでやっと効果を実感できるものです。

それでも、まつげ美容液の成分をしっかり確認することが大切です。それぞれメーカーから出ているものには打ち出している美容成分があります。

実際に店頭で試してみて、一回使っただけでも、まつげのコシやツヤが変わったかどうかを見極めます。この時に、目に沁みないか、痒みなどが出ないかトラブルが起きないかもしっかりと確認しましょう。

次に、使いやすさが重要です。以前はマスカラのようなブラシタイプが主流でしたが、今は筆タイプ、クリームタイプ、アイチップタイプなど色々な種類が出ています。

また、テクスチャーもしっかりとまつげに絡むか、ゆるすぎないか、硬すぎないか、白く残らないかをチェックします。まつげ美容液の効果を出すためには、毎日使い続けることが何より重要ですが、その時に面倒くさくなり使わなくなってしまわないように自分にとって一番使いやすい形状やテクスチャーを選ぶようにします。

そして、せっかくまつげ美容液を使うのならばマスカラ下地になるものを選ぶこともおすすめです。まつげを育てるだけではなく、マスカラの伸びを良くし仕上がりを綺麗にしたり、ビューラーのダメージからまつげを守ってカールをキープしてくれるものであれば更にお得感もあり、普段のメイクアップにも取り入れることができます。

まつげ美容液を根気よく使い続けることで、まつげが長くなるだけではなくツヤやコシが出て、マスカラやエクステ、アイライナーをしなくても健康的で印象的な目元になれます。

毎日のお手入れにぜひまつげ美容液を取り入れてみましょう。